FC2ブログ

スタッフブログ

MENU

カビさせない5つの梅雨テクでカラっと収納に

ジメっとした空気を肌で感じる梅雨時は不快に感じる日がありますが、問題は気分だけではありません。カビが繁殖しやすいのは、水廻りだけではなく収納も。それをこのサイトでは、目に見えない「収納カビ」と呼ぶことにしました。とは言え、やみくもに湿気対策をする必要はありません。ポイントを押さえて快適な収納環境を作りましょう。


梅雨テク1:収納は八分目
たくさんしまいたい一心で、収納内に無理やり詰め込んでしまいがち。すると、クローゼットであれば洋服がシワになり、食器棚ではお皿が欠け、吊戸棚から落下したモノが壊れるなど、強引にしまうと良いことはありません。むしろ衛生面でのリスクが高くなります。UNI_2021_R.jpg

モノが詰め込まれていると、湿度の高い梅雨時には湿気がこもってカビやダニの温床に。収納内に溜まった埃や汚れから増殖していきます。まずは収納内の整理から始めましょう。しまってあるモノとモノとの間が少しあくくらいを目安に、収納量を減らします。この際ですから、しまってあるモノを全部出して使っていないモノを処分。そのついでに収納内の掃除もしておくと安心です。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。