FC2ブログ

スタッフブログ

MENU

秋にも花粉症が・・・

久々のブログとなります。
今日は、比較的涼しく感じます。
新燃岳の噴火も収まり、ほっと一安心してます。
気候も秋らしくなり、一つここで、秋にまつわる事をご紹介いたします。

秋にも花粉症があり、ブタクサやヨモギなどのキク科植物が原因となります。キク科は草丈が低く、花粉が風に乗らないため花粉飛散が局地的で地域特異性が強いのが特徴です。
酪農地帯や牧草地に多く、郊外の河川敷など雑草の多い地域で飛んでいる可能性があります。
花粉が飛ぶ時間帯は早朝から午前中です。
9月下旬頃から10月にかけては一年の中で最も喘息の発作が起こりやすい季節です。
この時期は季節の変わり目で気温の急激な低下が発作を誘発すると考えられています。また、高温多湿な夏に繁殖したダニの死骸や排泄物が増えるためアレルギー反応を起こしやすくなることも原因となっています。

 季節外れに咳き込んだりしたときは、注意が必要ですね。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。